シンプルに生きる♡自愛の最適化と記録。

自分を愛すると、世界は変わる。

ありがとうカウントをしてみて。

 

去年の今頃は、人生の底をついていた時期で

 

だいたい海に行っているか

 

寝ているか、

 

そんな夏を過ごしていた。

 

 

 

一応死なない程度には、食べていたけど

 

空腹<< 動きたくない

 

という図が成り立つほど

 

本当に何もしない夏だった。笑

 

 

 

何もしない中、

 

特にやる気も希望もなかったけど

 

ある実験をしていて

 

 

 

その中の一つに、

 

☆ありがとうカウントをする☆

 

というのがあった。

 

 

 

『ありがとうございます。』

 

 

て、一回言ったら、一カウント。

 

 

 

数取り器でカウントしながら

 

ブツブツ言ってた。

 

 

(側からみたら、

 

完全にイカれている人の図だ。)

 

 

 

自分の年齢✖️10000回言うと、

 

過去のカルマが解消される、とか

 

 

マイナスなことを発言したら

 

カウントがゼロに戻る、とか

 

 

色んなこと言ってる人がいて

 

 

 

YouTubeなんかで、検索してみると

 

禿げたおっサンが

 

今日は5000なんぼ行きました!とか

 

レポートしている動画があったりする。

 

 (はっきり言って、つまらない)

 

 

 

で、結論から言うと、

  

 

 

何万回ありがとうございます、を

言ったところで

 

 

それだけでは、現実は何も変わらない。

 

 

 

ていうことが、身を以てわかった(゚∀゚)笑

 

 

 

 

数取り器が、途中で紛失した時点で

 

もうやらなくていいよ、て

 

意味だったと思うんだけど

 

 

 

私の場合は、という話で、

 

 

 

何事も実際にやってみないとわからないし

 

結果は人それぞれ。

 

それで良いと思う♡

 

 

 

この実験をやったことの意味を

 

振り返ってみると、

 

 

 

ありがとうございます!

 

 

 

を、誰に言うのか?

 

 

 

ということを、ブツブツ唱えながら考えたことが

 

 

私にとっては、よかったなぁて思う。

 

 

 

 

無意識に、ありがとう、という感謝は

 

自分以外の誰かに向けて発信するもの

 

という思い込みがあったけど

 

 

 

自分自身に対する感謝って

 

全然してこなかったなぁと

 

 

ある日気づいたんだ。

 

 

 

 

で、超絶ダメ人間だと思っていた

 

私だけど

 

 

 

それって、何をもってダメ?て

 

 

何をジャッジしてる?て

 

 

ある日思ったんだ。

 

 

 

 

自分に対する感謝を

 

腹のソコに向かって伝えたとき

 

 

 

感動して、静かに涙があふれた。

 

 

 

それが、ありがとうカウントをして

 

良かったことかな。

 

 

 

自分自身で、あることへの感謝。

 

 

 

教えてくれて、ありがとう!

 

 

 

すみれ。